Apple’s AR/VR Headset to Be Called Reality Pro, Could Launch Later This Year: Report

Apple has long been rumoured to be working on its own mixed reality headset to rival the likes of HTC Vive, Meta Quest, and the Valve Index. While any official confirmation from the Cupertino, California-based tech giant is missing, we now have a bit more information. The Apple headset is reportedly coming sooner than you… Continue reading Apple’s AR/VR Headset to Be Called Reality Pro, Could Launch Later This Year: Report

Global Foldable Smartphone Shipment Projected to Hit 18.5 Million Units in 2023: Report

Annual global shipment of foldable smartphones will jump to 18.5 million units in 2023 compared to 12.8 million units in 2022, as per a recent report by market research firm Trendforce. With this trend, the market for hinges in foldable OLED smartphones is also increasing and it will reach $500 million (roughly Rs. 4,085 crore)… Continue reading Global Foldable Smartphone Shipment Projected to Hit 18.5 Million Units in 2023: Report

Made in India Smartphone Shipments Fell by 8 Percent in Q3 2022: Counterpoint Research

Made-in-India smartphone shipments have reportedly declined by 8 percent in Q3 2022 compared to Q3 2021 to reach 52 million units. The fallen consumer demands and market uncertainties have impacted the shipments, according to a survey conducted by market research firm Counterpoint Research. While Oppo topped the Made in India smartphone shipments in Q3 with… Continue reading Made in India Smartphone Shipments Fell by 8 Percent in Q3 2022: Counterpoint Research

Oppo Find X6 Pro Specifications Leaked, May Debut With 100W Fast Charging Support

Oppo Find X6 series, said to include the vanilla Find X6 and Find X6 Pro, is expected to go official soon. Ahead of any formal announcement, a reliable Chinese tipster has shared the alleged specifications of the Oppo Find X6 Pro. It is tipped to offer a minimum of 100W fast charging support and could come… Continue reading Oppo Find X6 Pro Specifications Leaked, May Debut With 100W Fast Charging Support

Redmi Note 12 Pro+ 5G Review: A Strong Overall Package, if You Can Stomach the Price

Redmi Note 12 Pro+ 5G is Xiaomi’s latest mid-range smartphone offering in India. The top-of-the-line phone in the Note 12 series is a direct successor to the Redmi Note 11 Pro+ 5G (Review), which didn’t quite pan out to be a segment leader as many would have hoped for, in our opinion. Xiaomi is now trying to fill the… Continue reading Redmi Note 12 Pro+ 5G Review: A Strong Overall Package, if You Can Stomach the Price

新型コロナウイルス感染症について/時津町 – 時津町

中華人民共和国湖北省武漢市において、2019年12月以降、新型コロナウイルス感染症の発生が複数報告されて以来、世界各地で患者発生報告が続いています。国内外での発生情報など、現在厚生労働省が中心となり必要な情報の収集・公表を行っています。詳細は、厚生労働省をはじめ関係官庁の関連リンクをご覧ください。厚生労働省電話相談(コールセンター)新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)長崎県受診・相談センター・電話番号:0120-071-126 受診・相談センターでは、保健師等の専門職が相談に応じ、発熱患者等に対応可能な医療機関(診療・検査医療機関)をご案内いたしますので、発熱などの症状があり、受診先に迷う場合には、ご相談ください。また、発熱などのある方は、必ず受診前に、かかりつけ医等に電話で相談し、適切な感染予防対策がとられた環境で安心して受診できるように、医療機関の指示に従ってください。なお、「長崎県受診・相談センター」には、新型コロナウイルス感染者の増加に伴い、多くの相談が寄せられており、繋がりにくい時間帯があります。受診・相談センターへご連絡した際は、案内のガイダンスが流れますので、そのままお待ちいただきますようお願いします。発熱などの症状がある場合の相談(受診・相談センター)新型コロナウイルス感染症かな?と思ったら西彼保健所地域保健課新型コロナウイルス感染症等に関する健康相談(県内保健所)住民の皆さまにおかれましては、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様にお一人お一人の咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要です。感染症対策に努めていただくようお願いいたします。 咳エチケットとは新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針次のリンクをご覧ください。厚生労働省ホームページ長崎県庁ホームページ国保・健康増進課 〒851-2198長崎県西彼杵郡時津町浦郷274-1電話番号:095-882-3938(直通)ファックス番号:095-881-2764お問い合わせフォーム 更新日:2022年03月07日法人番号 5000020423084開庁時間:午前8時45分~午後5時30分 (土・日・祝日・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)〒851-2198 長崎県西彼杵郡時津町浦郷274-1 電話番号:095-882-2211(代表) ファックス番号:095-882-9293(代表) Copyrights(c) 2019 Togitsu Town All rights reserved. source

令和4年2月10日 新型コロナウイルス感染症対策本部(第87回) | 総理の … – 首相官邸

当サイトではJavaScriptを使用しております。ご利用のブラウザ環境によっては、機能が一部限定される場合があります。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしていただくことにより、より快適にご利用いただけます。 令和4年2月10日、岸田総理は、総理大臣官邸で第87回新型コロナウイルス感染症対策本部を開催しました。 会議では、新型コロナウイルス感染症への対応について議論が行われました。 総理は、本日の議論を踏まえ、次のように述べました。「国民の皆様の御協力により、感染拡大のスピードは明らかに落ちてきています。例えば、東京都における先週・今週比の7日間移動平均は、まん延防止等重点措置の適用を開始した2週間前の2.6倍から、足元では1.1倍まで低下しており、これまで講じてきた措置は一定の効果があったと考えています。  他方で、感染者数はなお増加しており、専門家からも、更に遅れて重症者が増加するリスクが指摘されています。社会経済の維持に支障を来すおそれにも、引き続き、注意が必要です。まだまだ安心できる状況ではありません。  こうした点を踏まえ、本日、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、群馬県、新潟県、岐阜県、愛知県、三重県、香川県、長崎県、熊本県、宮崎県、以上、1都12県のまん延防止等重点措置を3月6日まで延長すること、また、要請のあった高知県に同措置を適用し、期間は2月12日から3月6日までとすることを決定いたしました。  併せて、オミクロン株の特性を踏まえた、メリハリのきいた対策を更に強化します。知事会やコロナ分科会の提言等を踏まえた、学校や保育所、高齢者施設等における感染防止策の強化、臨時の医療施設等の整備、ワクチンの3回目接種の1日100万回を目指した加速などについて、基本的対処方針に盛り込み、政府一丸となって対策を実行してまいります。  各大臣におかれましては、引き続き緊張感を持って、対応に当たっていただきますようお願いいたします。」 source

各種全日本選手権の開催方針について(2022/2/7) – 日本フライングディスク協会

新型コロナウイルス感染症対策本部(内閣官房)において「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」(令和3年11月19日全部変更)(以下「基本的対処方針」という。)が変更され、イベント開催等における感染防止安全計画(以下「安全計画」という。)やワクチン・検査パッケージ制度を適用した制限緩和の方向性が示されました。現在は「令和4年2月3日変更」の基本的対処方針が最新資料となっており、継続的な議論・修正の対象となっていますが、当面は「収容人数・収容定員・大声の有無」にてイベントを区分し、対応していくことが求められています。 当協会が主催する各種全日本選手権は、分散開催によって1会場に集まる人数を約100〜1,000名としていることから「5,000名以下のイベント」として区分されますので、各都道府県が定める感染防止対策チェックリストを大会特設ページにて公表し、イベント終了日から1年間保管が求められる対象となります。なお、「会場における感染防止対策に関する具体的な行動例について」にて、試合前円陣・アップ等での発声、試合中のフィールド外からの発声の制限をお願いしておりますが、これは政府が公表している基本的対処方針の区分(大声の有無)に対応した制限となります。2021年9〜12月に開催した各種全日本選手権にて、フィールド横での十分な人と人との間隔(できるだけ2m、最低1m)に自主対応いただけない事例もあったことから、当面は発声制限を継続し、「大声なしのイベント」として開催を致します。「ワクチン・検査パッケージ制度要綱」(令和3年11月19日)等により、感染対策と日常生活の回復の両立に向けて、将来の緊急事態宣言やまん延防止等重点措置等の下においても、感染リスクを低減させることにより、飲食やイベント、人の移動等の各分野における行動制限の緩和を可能とするための制度として、「ワクチン・検査パッケージ」が導入されました。これは、飲食店やイベント主催者等の事業者が、入店者・入場者等の利用者のワクチン接種歴又は検査結果の陰性のいずれかを確認することにより、感染リスクを低減させ、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置等において適応される行動制限を緩和するものです。この「ワクチン・検査パッケージ」の導入に合わせて、各都道府県による「PCR等検査無料化事業(参考:東京都 PCR 等検査無料化事業実施要綱(令和3年12月17日))」が開始されました。これは、新型コロナウイルス感染症対策と⽇常⽣活の回復の両⽴を図るため、健康上の理由等によるワクチン未接種者及び12歳未満の⼦ども並びに感染拡⼤期の感染不安者への検査を無料で受けられる環境を整備し、検査受検促進することを⽬的としており、本事業を活用することによって、無償で検査を受けることが可能となりました。当協会が主催する各種全日本選手権の開催規模は行動制限の対象とはなっておりませんが、「参加者管理」の手続きにおいてこの制度に準拠し、接種証明書又は検査結果通知書等を活用して感染リスクの低減と参加者の負担軽減の両立を図る仕組みを検討していました。しかしながら、オミクロン株に対応する方針変更の一環として、「イベント開催等における感染防止安全計画等について(改訂その3)(令和4年1月25日)」により原則として当面適用はされないこととなったため、別の仕組みの検討を開始しました。「ワクチン・検査パッケージ」の運用開始を契機としてPCR検査や抗原定性検査の結果を活用した判断に対する社会的コンセンサスが得られてきた点に鑑み、「参加者管理」の手続きにおける次の方針として「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針(令和4年1月7日変更)における「対象者に対する全員検査」の取扱いについて(令和4年1月7日)」により開始していた「対象者全員検査」と「PCR等検査無料化事業」を活用した仕組みを検討しました。両制度を活用することにより、感染リスクの低減と参加者の負担軽減の両立が可能となる予定でした。しかしながら、制度の運用開始後まもなく、検査キットや試薬の需要が急激に高まり、全国的な在庫不足が発生しました(2022年1月下旬)。その影響を受け、厚生労働省は「新型コロナウイルス感染症オミクロン株の発生等に伴う抗原定性検査キットの発注等について(令和4年1月27日)」によって検査キット供給の優先付けを実施し、行政検査に対して優先的に供給をし、無料検査事業への供給が制限されることとなりました。このような状況下では、スポーツ大会に関連する対象者全員検査は、全国的な検査キット流通に影響を与えてしまう可能性や指定期間内に検査が受けられない可能性があることから、改めて別の仕組みの検討を開始しました。一方、「新型コロナウイルス感染症の感染急拡大が確認された場合の対応について(令和4年2月2日一部改正)」により、従来は14日間とされていた濃厚接触者の待機期間が7日間に短縮され、こちらも全日本選手権開催における「参加者管理」に反映することを検討しました。各種全日本選手権の開催においては「参加者体調記録」の登録状況に応じて、会場への入場・大会への出場可否を判断することで、自己管理を前提とした参加者管理を実施していました。2022年2月以降の各種全日本選手権大会においては、PCR検査等の結果を活用した判断に対する社会的コンセンサスが得られてきたことや各種制度変更等に鑑み、以下の通り出場可否の判断を致します。毎日しっかりと自己管理をされた方が安心・安全に大会に参加でき、不安を感じない仕組みにしていく必要がありますので、ご理解いただけますと幸いです。また、出場要件を満たした場合でも、新型コロナウイルス感染症対策の要は「会場における感染防止対策」であることを十分に理解していただいた上で、ご自身及び会場にいる全関係者の安心・安全を担保するため、ひとりひとりの自律した行動へのご協力をお願い致します。日本フライングディスク協会 事務局お問い合わせフォーム YouTube 公式アカウント ライブ配信 / 映像アーカイブFacebook 公式ページTwitter 公式アカウントTikTok 公式アカウントInstagram 公式アカウント 伊藤忠エネクス株式会社パシフィックコンサルタンツ株式会社京王観光株式会社株式会社 PR TIMESHALF TIMEアンダーアーマーDISCRAFTパタゴニアアルティメット公式ガイド2021(3MB)フライングディスク競技公式ガイドブック(8MB)Spirit of the Game ハンドブック(10MB)フライングディスク競技指導者テキスト(10MB)2019アルティメット簡略説明資料(3MB)フライングディスクを通じた地域活性化のご提案(10MB)フライングディスク競技はスポーツ振興くじ助成およびスポーツ振興基金助成を受けています。Sport for Tomorrow日本アンチ・ドーピング機構Sport in Lifeワールドマスターズゲームズ2021関西WFDF 世界フライングディスク連盟2012WUGC世界アルティメット&ガッツ選手権大会 source

Affinitiv's Newest Service Lane Solution, Tech Video, Awarded the … – CEO Today

Welcome, Login to your account.Recover your password.A password will be e-mailed to you. CEO TODAY – CHICAGO–(BUSINESS WIRE)–Affinitiv, the leading provider of data-driven marketing and software solutions to the automotive market, announces Tech Video as the winner of the 2023 AWA Award in the Rising Star category. Tech Video is the newest addition to the… Continue reading Affinitiv's Newest Service Lane Solution, Tech Video, Awarded the … – CEO Today

data privacy day and the need for businesses to protect data – Retail Banker International

Data Privacy Day takes place annually on 28 January and is an international effort to create awareness about the importance of respecting privacy, safeguarding data, enabling trust and promoting best practice. Douglas Blakey reportsSince the launch of Data privacy day back in 2007, the initiative has grown to the extent that it is now observed in 47 European… Continue reading data privacy day and the need for businesses to protect data – Retail Banker International